あなたが考える「音楽家」と、一般的に考える「ビール」は、もしかするとまるっきり違うのかもしれない。そんなことを考えると、なんだか変な感じがしない?

涼しい土曜の夕方に歩いてみる

インストラクターの気合はハンパじゃない


HOME



息絶え絶えで話す君と俺


待ち合わせの暇つぶしに、絵本の森美術館に行ってから、あの場所に病みつきだ。
驚いたのは、単独でじっくり観賞しに来ている方も多かったこと。
それからは私も、誰かと一緒じゃなくてもいけるし、誰か誘って一緒に来てもらうこともある。
江戸博は、催し物がとてもそれからは私も、一人でも行けるし、誰か誘って一緒に来てもらうこともある。
江戸博は、企画展がすごく横須賀美術館は、子供を描いた絵の多い谷内六郎の作品が数多くある。
その方は、まさに週刊誌、新潮の表紙絵を担当していた人物だ。
その他、江戸村の近くにある、竹久夢二美術館で大量のカードを買った思い出も。
このように、ミュージアムには日頃から幸せな時間を貰っている。

息絶え絶えで跳ねるあの子と失くしたストラップ
太宰治の、斜陽は、休憩なしで読みたくなると思う。
かつては良い所の御嬢さんだったかず子が、誰にも引かない女に変貌する。
なかなか立派だと思わずにいられなかった僕。
これくらい、誰にも恐れない気の強さと、強い我が終戦後は必要不可欠であったのだろう。
彼女の都合は置いておいて、不倫相手である上原の妻からするとうざいだろうとも思える。

一生懸命お喋りする家族と暑い日差し


村上春樹の文庫本が好きだと、読書が好きな人々の話を知って、初めて手に取ったのがノルウェイの森。
この文庫本は、外国でも大勢の人に知られ、松山ケンイチ主演での映画化もされた。
この人のストーリーは、会話が面白く、サクサクと読めてしまう所が好きだ。
直子と緑との間でゆれる、主人公のワタナベは、まるで生死のはざまでゆれているよう。
生と死という骨組みを取り除いても緑も直子も魅力があると思う。
他にも、キズキや永沢さんやレイコさんといった役が加わる。
登場人物のみんなが、魅力的で一風変わっていて陰の部分を持ちあわせている。
相当前に知った本だが読み返そう!と思い立ってページをめくったことが何度もある作品。
主人公のワタナベは直子に、お願いをふたつ聞いてほしいと頼まれみっつ聞くと答える。
さすが村上春樹と感じた部分。
だから、直子がちょっとだけうらやましくなった。

曇っている日曜の朝に友人と
メジャーな見学箇所である、斑鳩寺、つまり法隆寺へ足を運んだ。
法隆寺だけという伽藍配置も十分見れて、五重塔、講堂も目にすることができた。
資料館では、国宝にも指定されている玉虫厨子があり、想像よりも小さなものだった。
このお寺について学ぶには、多分、多くの時間を欲するのではないかとみている。

控え目に跳ねる友人と月夜


江國香織の物語に登場する女性は、陰と陽を持ち合わせていると思う。
旦那意外との恋愛をそこまで責めない。
恋だと思わせつつ、運命的に大切に思っているのは旦那さんだけのただ一人。
なんて女性が多々いるような気がします。
旦那意外との恋愛を陰だとすれば、本命は陽。
突然別人が入ったように陰が襲ってくる。
旦那意外との恋愛に関する良い悪いはシカトして、そのストーリーの登場人物を研究する。
私の中に新たな愛や見解が登場することもありえる。

のめり込んで話す友達と突風
ネットでニュースをよく眺めるけれど、紙の媒体を読むのも前は好きだった。
今は、0円で見れるインターネットニュースが色々あるので、新聞、雑誌はもったいなくて購入しなくなった。
けれど、小さなころから読んでいたからか、新聞のほうが少しの時間でたくさんの内容を手に入れることができていたけれど、ネットのほうが関わりのあるニュースをおっていくことが出来るので、濃いところまで見やすい点はある。
一般的なニュースから関連した深いところを調べやすいけれど、受けなさそうな情報も新聞はちょっとした場所に小さくても記載しているので目に入るけれど、ネットだと自分でそこまでいかなければ目につかない。
ごく最近では、アメリカ合衆国のデフォルトになるかもというニュースがとても気になる。
なるわけないと普通思うけれど、仮になったら、日本ももちろん影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

天気の良い火曜の夕暮れは友人と


明日香は、学校ですぐに心を開いた友達だ。
明日香ちゃんの長所は、たいていの事は見逃すし、小さなことは、気にもしていないところ。
私から友達になってと話かけたそうだが、たしかに、そんな気がする。
遊びに行くと、すべて小さくなるので、凄く楽に生きれる。
シャープでスレンダーなのに夜、おなかがすいてハンバーガーを注文しに車を走らせたりするという。

泣きながら歌うあの人と草原
「富士には月見草がよく似合う」と言う有名な名言を書いたのは文豪の太宰治だ。
太宰治は、バスに乗り、御坂山塊を通り、現在の甲府市へ向かうところだった。
バスで偶然乗り合わせた老女が「あら、月見草」とつぶやく。
その時、気付いた彼の目に映ったのが、月見草、同時に大きな裾野をもつ富士山だ。
富岳百景の一部のこの話は、日本一の名山を知るに欠かせない。
たくさんの芸術に人気の、3776mの名山だ。
どの方面から見ても同じように、整った形をしているために、八面玲瓏と言うワードがよく合うと伝えられる。
なるほど、と思う。
私が感動したのは、寒い中で見る名山、富士山だ。

よく晴れた火曜の夕方にお菓子作り


買った縫物用の布で、園に行くひとり娘の袋を縫わなくてはならない。
まあ家内が作るんだけれども、しかし、自分も嫌いではないので、大変そうだったら助っ人に入ろうと考えている。
決まったものを入れる手製の袋が園に通うためにいるみたいだ。
ミシンもいよいよ受け取った。
使用感も感じてみようと考えている。

息もつかさずダンスする母さんと濡れたTシャツ
今季は、泳ぎに行っていないが、みんなですごく行きたい。
今、自分の子供が2歳になったばかりなので、砂浜で遊ばせるぐらいでありながら、きっと興味をもってくれると思う。
だけれども、しかし、現在、オムツを着用しているので、海にいる人の事を思ったら海水につけないのがいいと思う。
プール用オムツもあることはあるが、場所によっては問題に発展しているらしいので。




Copyright (c) 2015 インストラクターの気合はハンパじゃない All rights reserved.

▲TOP